1. Fincyトップ
  2. クレジットカード
  3. 法人カードを作るメリットとは。おすすめの法人カードはどれ?

法人カードを作るメリットとは。おすすめの法人カードはどれ?

法人カードを作ることには、どのようなメリットがあるのでしょうか。法人カードが持つ様々なメリットについて知り、必要性を考えてみましょう。また、おすすめの法人カードや法人カードの申込方法などについても知っておきましょう。

この記事の目次

法人カードとは

法人カードとは、個人事業主や企業を対象とした、ビジネス向けのクレジットカードのことです。事業用の備品購入や出張代といった経費の精算を目的としています。

ビジネス向けなので、個人向けのクレジットカードよりも利用限度額が高い傾向にあります。年会費を経費計上することも可能です。

利用代金は一括払いになるのが基本で、リボ払いや分割払いは選択できないことが多く、キャッシング機能も付いていないことが多いという特徴があります。

また、ビジネス向けのサービスが充実しているのも、法人カードの特徴です。航空機や新幹線の予約サービスや飲食店の優待、事務用品の割引サービスなど、ビジネスに役立つサービスが利用できます。

法人カードの名義は代表者名

法人カードの名義は、代表者名になるのが一般的です。カード会社によっては法人名が併記されることもありますが、法人名のみで発行されることは基本的にありません。

複数枚作るとどうなる?

カード会社によっては、社員用に複数枚の法人カードを発行することが可能です。この場合、名義は各社員の個人名になります。

なお、名義人以外の使用はカード会社の規約で禁止されているため、1枚だけ法人カードを発行して、社員間で使い回すことはできません。

クレジットカードが必要な社員が複数いるのであれば、各社員の名義で法人カードを発行しましょう。ただし、発行枚数に上限が設定されていることがあるので注意が必要です。

支払口座は法人名義

法人カードの名義は代表者名、あるいは社員の個人名ですが、利用代金の支払い口座は法人名義の口座になります。個人事業主で個人名義の口座しかない場合は、個人名義の口座を支払い口座に指定できるか、カード会社に確認しましょう。

カードの呼び名が異なることも

カード会社によっては、法人カードを『ビジネスカード』や『コーポレートカード』と呼び分けることもあります。

  • ビジネスカード:個人事業主や中小企業向けの法人カード
  • コーポレートカード:大企業向けの法人カード

呼び名が変わっても、法人カードの機能やサービスに大きな違いが出るわけではありません。

法人カードをつくるメリット

ここでは、法人カードを作るメリットについて見ていきます。

経費精算事務がなくなる

出張代や備品購入費などの経費を立て替えると、その都度経費を小口現金などから精算したり、毎月各社員の経費を計算して振り込んだりと、経費精算の手間がかかります。

しかし、法人カードがあれば経費を立て替えることがないので、全員分の経費が法人名義の口座から一括で引き落とされ、経費精算の事務処理は必要ありません。

ただし、法人名義の口座から引き落とされた利用代金の経理処理をする際には、法人カードで決済した際に渡される『お客様控え(利用伝票)』が必要です。カード会社から送られてくる利用明細は、原則として領収書と認められないので注意しましょう。

出張時にも保険で安心

法人カードは、海外旅行保険や国内旅行保険、航空機遅延保険といった付帯保険が充実しているものが多く、出張の際に役立ちます。

  • 海外旅行保険:海外旅行中にケガや病気の治療を受けた場合に、その治療費の補償が受けられる保険
  • 国内旅行保険:国内旅行中にケガや病気の治療を受けた場合に、その治療費の補償が受けられる保険
  • 航空機遅延保険:飛行機の遅延・欠航によって、別の交通機関や宿泊施設を利用した場合に、その費用の一部の補償が受けられる保険

付帯保険には『出国前に旅行代金をクレジットカード決済していること』など、利用条件が設けられていることがあります。いざというときに保険が利用できないことがないよう、利用条件をよく確認しましょう。

個人事業主は公私の区別がつく

個人事業主が法人カードを作ると、公私の区別がつけやすくなるというメリットがあります。個人事業主は、自分の個人用クレジットカードで事業用の備品や個人の買い物をまとめて決済する人も多いでしょう。

同じクレジットカードで決済すると、利用伝票にもまとめて記載されるため、事業用と個人用のどちらなのか区別しづらくなります。利用明細もまとめて記載されるので、経理処理の際に分別から始めなくてはなりません。

法人カードを作って、事業用は法人カードで決済するようにすれば、事業用と個人用が混ざらないので、経費を把握しやすくなるでしょう。

法人カードの申込方法

では、法人カードは、どのように申し込めばよいのでしょうか。

インターネットでの申込の流れ

ほとんどのカード会社で、インターネットから手軽に法人カードに申し込めるようになっています。インターネットでの申込の流れを見ていきましょう。

  • 1.希望の法人カードのホームページにある申込フォームに、必要事項を入力する
  • 2.カード会社から申込用紙が送付される
  • 3.申込用紙に必要事項を記入し、カード会社に返送する
  • 4.申込用紙の情報をもとに、カード会社が審査を行う
  • 5.審査に通過すると、法人カードが発行される

カード会社によっては、インターネット上で申込手続きから審査まで完了できる場合もあります。申込手続きの詳細は、カード会社のホームページで確認しましょう。

申込に必要なもの

法人カードの申込には、以下のような書類が必要です。

  • 法人の確認書類(登記簿謄本のコピー・印鑑登録証明書など)
  • 代表者の本人確認書類(運転免許証・マイナンバーカードなど)
  • 利用代金の支払口座の情報がわかる書類

法人の確認書類は、『発行から6カ月以内のもの』など指定があるのが一般的です。また、決算書や確定申告書など、所得状況がわかる書類の提出を求められることもあります。

カード会社によって必要書類が異なるので、事前に申込方法の詳細を確認しておきましょう。

法人カードの審査内容

法人カードの申込時にも、個人向けクレジットカードと同様に審査が行われます。ここでは、法人カードの審査内容や審査の際に重要となるポイントについて解説します。

基本は黒字経営であること

法人カードの審査基準は明かされていませんが、審査に通過するポイントの基本は『黒字経営であること』です。

クレジットカードは、利用者がクレジットカードで支払った代金をカード会社が立替払いし、後日利用者に請求するという仕組みになっています。そのため、利用代金を支払ってもらえないと、カード会社の損害になるのです。

赤字経営では利用代金が支払えなくなるリスクが高いため、審査に通らない可能性が高いでしょう。一般的に、設立3年以上で2期連続黒字であることが基準とされていますが、設立初年度でも審査に通ることがあります。

不安がある場合は、『個人事業主・設立初年度でも申込可』などと記載されている、比較的審査基準が緩い法人カードを選ぶとよいでしょう。

個人事業主の審査で重要なこと

個人事業主の審査で重要なポイントも知っておきましょう。

固定電話を用意する

個人事業主で法人カードの審査に通りやすくしたい場合は、固定電話を用意しましょう。固定電話があると確実な所在証明ができるため、信用力が上がります。

固定電話の番号は、市外局番から始まります。つまり、申込者の居住地や事務所の所在地と、固定電話の市外局番の地域が一致していれば、確かにその地域に住所があることがわかるのです。

また、事務所のホームページなどに電話番号を記載していれば、確実にそこで事業を行っていることが確認できます。カード会社側が申込情報に虚偽がないことを把握しやすいため、その分審査に通りやすくなるのです。

個人の信用力が見られること

個人事業主が法人カードに申し込んだ場合、事業主個人の信用力を見られることもあります。カード会社はクレジットカードの申込があると、申込者の情報を信用情報機関(※)で照会します。

個人事業主は、事業主1人~数人程度の規模で事業を営んでいる可能性が高く、クレジットカードの利用代金を支払うのも事業主本人になるでしょう。そのため、個人向けクレジットカードで延滞などの問題を起こしていないかチェックされるのです。

なお、企業の申込の場合でも、代表者の個人信用情報が照会されることがあり、問題があれば審査に落ちる可能性があります。

(※信用情報機関とは、クレジットカードやローンを利用している人の契約内容や返済状況などの情報を記録、管理している機関です)

年会費無料の法人カードはあるのか

法人カードを持つ場合に、気になるのは年会費です。年に1回のこととはいえ、コストがかからないに越したことはありません。ここでは、年会費無料の法人カードの中から、おすすめのものを紹介します。

ライフカードビジネス

項目 詳細
発行可能ブランド Visa・Mastercard・JCB

ライフカードビジネスは年会費無料でありながら、非常にサービスが充実しているお得な法人カードです。

会計ソフトや弁護士無料相談サービスなど、ビジネスで役立つサービスが付帯しています。また、スポーツジムや宿泊施設の優待が受けられる、福利厚生サービスなども利用可能です。

Visa・Mastercard・JCBの3種類の国際ブランドから選択可能で、選んだ国際ブランドによって受けられるサービスが異なります。申込前にそれぞれのサービス内容をよく確認して、1番便利に利用できるものを選びましょう。

ライフカードビジネス(スタンダード)|クレジットカードはライフカード

三井住友ビジネスカード for Owners

項目 詳細
発行可能ブランド Visa

三井住友ビジネスカード for Owners(フォー オーナーズ)は、インターネットからの申込でクラシックカード・ゴールドカードは初年度年会費無料、クラシックカードは『マイ・ペイすリボ』の申込で翌年以降の年会費も無料になります。

利用代金の支払い日が『15日締め翌月10日支払い』と『月末締め翌月26日支払い』の2種類から選択でき、都合に合わせやすい点もメリットです。

また、キャッシング機能も付いており、個人事業主であれば年収の1/3以上の借入もできるので、事業資金の確保にも役立つでしょう。

三井住友ビジネスカード for Owners | 中小規模企業・個人事業主向け法人カードの三井住友VISAカード

低年会費の法人カードを比較

ここでは、低年会費の法人カードの中で、おすすめのカードの特徴を比較します。

JCB一般法人カード

項目 詳細
年会費 1250円(税抜)
※インターネットからの申込で初年度年会費無料
発行可能ブランド  JCB

出張が多く、付帯保険が充実している法人カードを作りたい人には、JCB一般法人カードがおすすめです。

個人向けクレジットカードと変わらない年会費で、海外・国内旅行傷害保険や航空機遅延保険などの保険が利用できます。また、航空機や新幹線、宿泊施設の予約が手軽にできるサービスも付帯しているため、出張準備の手間も削減できるでしょう。

初年度年会費無料でポイントがおトクに貯まるJCB法人カード | 法人カードのお申し込みなら、JCBカード

オリコEX Gold

項目 詳細
年会費 初年度無料/2年目以降2000円(税抜)
発行可能ブランド Visa・Mastercard

オリコのEX Gold for Biz S(エグゼクティブ ゴールド フォー ビズ エス)は、個人事業主専用の法人カードです。

宿泊施設の優待や空港ラウンジの利用など、ステータスカードならではのサービスと、福利厚生プログラムや経理システムなどのビジネス向けサービスの両方が利用できます。

また、10万~100万円の範囲でキャッシングもできるため、急にまとまった資金が必要になった場合に便利です。

EX Gold for Biz S(エグゼクティブ ゴールド フォー ビズ エス)|事業融資のオリコ

楽天ビジネスカード

項目 詳細
年会費 2000円(税抜)
※プレミアムカードは1万円
発行可能ブランド Visa
※プレミアムカードはVisa・Mastercard・JCB

楽天ビジネスカードは、楽天プレミアムカードの追加カードとして発行する法人カードです。楽天プレミアムカードは個人名義の口座、楽天ビジネスカードは法人名義の口座を指定する必要があるため、個人用とビジネス用を分けやすい点が特徴となります。

楽天ビジネスカードの大きなメリットは、楽天ビジネスカードで得たポイントを、楽天プレミアムカードのポイントに合算できることです。事業用の大きな買い物をすれば、それだけポイントも貯まりやすくなります。

楽天ビジネスカード|楽天カード

マイル還元率が高いおすすめの法人カード

マイルを貯めている人は、マイル還元率が高いビジネスカードを検討しましょう。

アメックス・ビジネス・ゴールド

項目 詳細
年会費  3万1000円(税抜)
発行可能ブランド  アメリカン・エキスプレス

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードは、利用代金100円ごとに付与される1ポイントをマイルに移行できます。通常、ポイント有効期限は3年ですが、1度ポイント交換をすれば無期限になるので、しっかりポイントを貯めてからマイルに交換したい人におすすめです。

アメリカン・エキスプレスは、ステータスの高さを認められているクレジットカードでもあるため、取引先との会食などで使用するのにもよいでしょう。

ビジネスゴールドカード|アメリカン・エキスプレス

セゾンプラチナ・アメックス

項目 詳細
年会費  2万円(税抜)
発行可能ブランド  アメリカン・エキスプレス

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードは、プラチナカードならではの24時間対応のコンシェルジュ・サービスに加え、事務用品やレンタカーの優待など、ビジネスに便利なサービスも付帯しています。

また、SAISON MILE CLUBに登録すると、マイルに交換できるセゾンカードの永久不滅ポイントとは別に、利用代金1000円ごとに10マイル貯まります。マイルを貯めたい人にはおすすめの法人カードです。

【公式】セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード(セゾンプラチナ・アメックス|SAISON PLATINUM AMEX)

まとめ

法人カードとは、個人事業主や企業向けのクレジットカードのことです。法人カードを作ると経費を立て替える必要がなくなり、経費精算の手間が削減可能です。

また、航空機や新幹線の予約サービスや宿泊施設の優待など、ビジネスに役立つサービスが充実しているものが多いというメリットもあります。

法人カードの種類によって年会費やサービス内容が異なるので、各法人カードを比較して、1番便利に利用できるものを見つけましょう。

クレジットカードのポイント還元率、自動付帯で保険が付いている、年会費無料で利用できる、空港のラウンジが使える、 店舗で使うとポイントがもらえるなど様々なクレカを比較できます。
ライフプランを作って、もっともあったカードを探しましょう。

関連するお金の記事

関連するお金の相談

  • クレジットカードの将来について

    ビットコイン・イーサリアム・リップル等の仮想通貨が普及する兆しがある昨今ですが、もし、世界各国の広い地域で流通しだすと、今流通しているドル・ユーロ等の通貨...

    50代 / 男性 / 北海道 / 年収 300万円以下 / 既婚

  • dカードゴールドの良さについて教えてください

    携帯電話をソフトバンクからdocomoに乗り換えの際dカードを勧められ入会しました。 dカードよりdカードゴールドの方が年会費1万円かかりますが携帯料金に...

    30代 / 女性 / 福岡県 / 年収 401-500万円 / 既婚

  • セゾンカードでのポイントや過払い金について

    ポイントを貯めて得する現在の世の中ですが、実際のところ現金で買い物するよりクレジットカードを使ってポイントを貯めたほうが経済的に利益になるのでしょうか?も...

    30代 / 女性 / 岩手県 / 年収 301-400万円 / 独身

クレジットカードの人気記事

カテゴリ

初年度無料! 法人・中小企業必須!