1. Fincyトップ
  2. クレジットカード
  3. 2020年5月最新版!おすすめクレジットカード!高還元率・コスパで厳選して...

2020年5月最新版!おすすめクレジットカード!高還元率・コスパで厳選して...

クレジットカードを作るとき、「どのクレジットカード選べば良いのか」判断が難しいですよね。そこで今回は、「還元率」をもとに選んだおススメのクレジットカード2020年最新ランキングを紹介します。あなたに最もメリットのあるカードを確実にお届けします。

この記事の目次

クレジットカードの還元率とは?その意味を解説!

お得にお買い物をするなら、「還元率」の高いクレジットカードを使いこなすのが鉄則です。この記事では「還元率」の重要性や、「クレジットカードをお得に使いたい」「還元率が高いカードを選ぶ理由を知りたい」という、あなたの疑問にお答えします。

このページの見出しに遷移しますので、下記の興味があるところをチェックして見てくださいね!

クレジットカードの還元率とは?

クレジットカードの「還元率」とは、「クレジットカードで支払った金額に対して、その何割のポイントが得られるのか」を表したものです。

「還元率」が高いカードほど、たくさんのポイントを得られます。沢山のポイントをたくさん貯められるよう、お得にクレジットカードを使っていきましょう。

還元率が高いクレジットカードとは?

では一体、「還元率」の高いクレジットカードの基準とは、どんな条件なのでしょうか。まずは、「高還元率」といわれるクレジットカードの基準について確認していきましょう。

一般的に、クレジットカード還元率の平均は0.5%程といわれています。なので「還元率が0.5%~1%、もしくはそれ以上のカード」であれば、「還元率」が高いクレジットカードといえるでしょう。

今回は「還元率が0.5%~1%、もしくはそれ以上のカード」の中から、特に高還元率でおすすめできるクレジットカードを厳選しました。この記事を最後までお読みいただき、あなたにあったクレジットカードを見つけていただければ幸いです。

クレジットカードは還元率の高いものを選ぶ!

「還元率」の高いカードをなぜ選ぶのか、その理由について解説します。

クレジットカードの還元率で生じる差

まずは、クレジットカードのポイントがどれくらい貯まるのか。そして、還元率の違いで、どれほどの差が生まれてくるのか。具体例を挙げて見ていくことにしましょう。

クレジットカード 還元率
クレジットカードA 1.5%
クレジットカードB 1%
クレジットカードC 0.5%

ここに、還元率1.5%のクレジットカードA、還元率1%のクレジットカードB、還元率0.5%のクレジットカードCがあるとします。

クレジットカードの還元率で生じる差

あなたが生涯でこれらのカードを使用し続けたとき、どれほどのポイントが貯まるのか。またその違いを考えてみましょう。

例えばあなたが、クレジットカードを年間100万円利用する場合。還元率の違いで見たとき、カードごとに受け取れるポイントにどれほどの差が生まれてくるのでしょうか。

使用期間 還元率1.5% (クレジットカードA) 還元率1% (クレジットカードB) 還元率0.5% (クレジットカードC)
1年 15,000円 10,000円 5,000円
5年 75,000円 50,000円 25,000円
10年 150,000円 100,000円 50,000円
20年 300,000円 200,000円 100,000円
30年 450,000円 300,000円 150,000円
40年 600,000円 400,000円 200,000円
50年 750,000円 500,000円 250,000円
60年 900,000円 600,000円 300,000円
70年 1,050,000円 700,000円 350,000円
80年 1,200,000円 800,000円 400,000円

あなたが、還元率1.5%のクレジットカードAを利用した場合、生涯で獲得できるポイントの合計は120万円になります。

次に、還元率0.5%のクレジットカードを使用し続けた場合と比べてみましょう。その違いは明らかです。生涯で獲得できるポイントをみていくと、還元率の低いカードを使用し続けることで、ときには損する可能性が生じてくるのです。

クレジットカードの還元率。カードごとの違いと計算方法

【2020年最新】高還元率の人気おすすめクレジットカードを紹介!

今回は、上記の基準をもとに、高還元率でおススメのクレジットカード20選をご紹介します。最後までこの記事にお付き合いいただいたら、あなたにふさわしい最もメリットのあるカードが見つかることでしょう!

カードごとに見出しに遷移しますので、下記の興味があるクレジットカードをクリックして見てくださいね!

カード名 還元率
楽天カード 1.00%~3.00%
JCB CARD W 1.00%
dカード 1.00%~4.00%
三井住友カード 1.00%~1.50%
VIASOカード ‎0.50%~1.00%
ライフカード 0.50%~1.00%
JCB ORIGINAL SERIES 0.50%~1.50%
セゾンカードインターナショナル ‎0.50%
Yahoo! JAPANカード 1.00%
 エポスカード 0.50%~1.25%

【1位】「楽天カード

楽天カード
楽天カードを今すぐ作る 楽天カードの詳細をみる

「楽天カード」は、とにかくポイントが貯めやすいクレジットカードです。通常の利用では100円につき1ポイント、楽天市場での利用では、3倍のポイントが付与されます。

『お買いものマラソン』や『楽天スーパーセール』など、付与されるポイントが何倍にもなるイベントも定期的に開催されており、うまく利用すればかなりのポイントを貯めることができます。

貯めたポイントは、楽天市場などで1ポイント=1円として利用することができるため、コツコツポイントを貯めておけば、欲しい商品をポイントで購入することもできます。

楽天市場で「楽天カード」を使用すると、還元率は3~12%にまで引き上げ可能です。10,000円の使用で、最大1,200円分のポイントが還元される計算です。楽天市場をよく利用されるという方は「楽天カード」を使ってよりお得にお買い物するとよいでしょう。

【2位】「JCB W

JCB CARD W
JCB CARD Wを今すぐ作る JCB CARD Wの詳細をみる

「JCB W」は2017年10月に誕生した、18歳から39歳までの方が発行できるクレジットカードです。「楽天カード」同様、ポイント還元率が1.0%と還元率が高いことに加え、JCBオリジナルシリーズのパートナー店舗での利用で、非常にお得にポイントを貯めることができます。

楽天市場、ヤフーショッピングの利用でポイント2倍、セブンイレブンやAmazonでのお買い物でポイント3倍、スターバックスではポイント10倍になります。以下の表はお得にポイントを貯めることができるパートナー店舗一覧です。

Amazonでのお買い物がポイント還元率3%、さらにはスターバックスでの「JCB W」使用で、ポイント還元率10%。1,000円の支払いで100円のポイントが貯まります。貯まったポイントはAmazonでのお買い物で使用でき、スターバックスカード、JCBカード等に交換できます。

頻繁にスターバックスを使用する学生にも、社会人にも「JCB W」はとてもおススメです。ぜひ、「JCB W」をお得に活用していきましょう。

【3位】「dカード

dカード
dカードを今すぐ作る dカードの詳細をみる

携帯電話大手ドコモが発行する、ドコモカード。年会費は永年無料、いつものお買い物でポイント1%貯まります。

さらに、ローソンでのお買い物は最大5%もお得になるという嬉しい特典つきです。また、ドコモの電話料金やドコモ光の料金をカードで支払うと、1000円につき10ポイントのポイント付与。

ドコモユーザーならお得になること間違いなしです。購入後1年間の携帯補償やお買い物安心補償、紛失・盗難保証など各種補償も充実。

世界各地で日本語スタッフが旅をサポートしてくれるので、海外旅行も安心です。さらに、電子マネーIDも付帯されているので、カードまたはおサイフ携帯をかざすだけで支払完了することもできます。

【4位】「三井住友カード」

三井住友カード
三井住友カードを今すぐ作る 三井住友カードの詳細をみる

三井住友カードのクレジットカードです。18歳〜25歳限定で、初めてクレジットカードを持つ方におすすめです。学生限定のカードは別にあります。

社会人の方が対象となるため、ショッピングやキャッシング、リボ払いの利用可能枠の幅が広くなっています。満26歳以降になるとカード更新時にランクアップされてプライムゴールドカードに切替わります。

普通のカードを希望する場合は、クラシックカードへの切替えも可能です。初年度年会費はかかりません。通常の年会費は、税抜1,250円です。ただし、 翌年度以降も年1回以上の利用で無料になるため、お得にクレジットカードを持つことができます。

【5位】「VIASOカード」

VIASOカード
VIASOカードを今すぐ作る VIASOカードの詳細をみる

ポイントのオートキャッシュバックサービスが特徴のVIASO(ビアソ)カード。溜まったポイントを自動で現金に還元できるため、面倒な交換手続きが必要無いのが最大の魅力でしょう。

溜まったポイントは1ポイント1円として、引き落とし口座へ自動的に入金されます。また、海外旅行損害補償サービスも付帯されています。VIASO(ビアソ)カードで旅行代金を支払うことでサービスを受けられるので、安心して海外旅行ができます。

さらに、現在は入会特典として1ポイント1円で使えるVIASOポイントが10,000ポイントも貰えるキャンペーンも開催されています。年会費無料でポイントを上手に使いたい方におススメです。

【6位】「ライフカード

ライフカード
ライフカードを今すぐ作る ライフカードの詳細をみる

そして、ポイント有効期限は5年間になりますので、じっくりとポイントを貯めて高額な商品との交換も可能です。年会費無料で初年度はポイントが1.5倍、毎年誕生日月にはポイントが3倍つくのが、ライフカードの特徴です。利用額100円ごとにポイントがつきます。

また、貯めたポイントの交換先がとても、多いのも特徴です。他のポイントへの交換やギフトカード、様々な商品や募金をしたりもできます。

年会費は無料でも、全て無料の保障も充実しています。海外旅行でのサポートの他にも、盗難、紛失や万が一の不正利用の損害もカード会社が負担してくれる、カード会員保障制度もあります。カードの色は3色から選べるほか、たくさんのコラボレーションしたカードもあります。

【7位】「JCB ORIGINAL SERIES

JCB ORIGINAL SERIES
JCB カードを今すぐ作る JCB カードの詳細をみる

また、一定の条件をクリアすると翌年度の年会費も無料になります。ポイントの貯め方はさまざま。店舗での買い物はもちろん、インターネットによるショッピング、海外での使用でも貯まります。ポイントを貯めたい方に最適の、JCBのスタンダードカードであるJCB一般カード。インターネットから入会手続きをした場合、初年度の年会費が無料。

さらに、カードの利用明細をメールで受け取る、「MyJチェック」に登録して、旅行費用などを事前に、JCB一般カードで支払いするなどして要件を満たすと、国内でも海外でも、旅行中に発生した事故・病気・ケガに対して、最高で3,000万円が補償される、旅行傷害保険付きになっています。

【8位】「セゾンカードインターナショナル

セゾンカードインターナショナル
セゾンカードインターナショナルを今すぐ作る セゾンカードインターナショナルをの詳細をみる

ポイントは日常の買い物や公共料金の支払いでも貯めることができますが、500以上のサイト、300000以上のショップが出店しているセゾンポイントモールの利用では最大30倍のポイントを貯めることが可能です。

セゾンカードインターナショナルは、一般的な利用者の方はもちろん、専業主婦の方や学生の方にもおすすめのカードです。年会費は永久無料で、貯めたポイントの有効期限も存在しません。

また、貯めたポイントはマイルなどの変換することもできます。更にセゾンカード会員優待のあるレジャー施設やレストラン、ホテルなどを割引価格で利用することもできるなど、年会費無料にもかかわらずどのような方でも満足できるサービスが充実しています。

【9位】「yahoo! JAPANカード

Yahoo! JAPANカード
yahoo!JAPANカードを今すぐ作る yahoo!JAPANカードの詳細をみる

18歳以上の方なら、学生さんでも主婦の方でも発行することができ、また24時間印鑑不要で申し込めるといった特徴もあり、気軽に利用できるカードとなっています。yahoo! JAPANカードは、年会費永年無料、ポイント還元率が1%とかなりお得に使用することができる、人気のカードです。

yahooショッピングで使用するとポイント還元率は3%になり、さらにTポイントを貯めることも可能です。また、キャッシュレスを推進させる電子マネーアプリ「PayPay」を使用している方には非常にお得な特典がついており、高いポイント還元率やチャージ制など、yahoo!JAPANカードでしか受けられない特別な優遇を受けることができます。

【10位】「エポスカード

 エポスカード
エポスカードを今すぐ作る エポスカードの詳細をみる

優待を受けられる店舗は居酒屋やカフェ、スパなど様々なカテゴリーに渡ります。また、マルイで年4回行われる「マルコとマルオの7日間」の期間中は、マルイの店舗と通販でのお買い物を何度でも10%オフで利用することができるのでお得です。エポスカードは、入会金無料、年会費も永年無料で利用できるカードです。一番の特徴は全国10000店舗で割引やポイントアップなどの優待が受けられることです。

また、会員サイトへのログインがあった際、カードの利用があった際には毎回メールでお知らせを受け取ることができるので、セキュリティー面も安心して利用できます。

ネットでの申し込みでも、最短で当日にマルイ店頭でカードを受け取ることが可能なので、手軽に発行できるのも魅力です。

まとめ

今回は、「高還元率」で厳選した2020年最新おすすめクレジットカードを紹介しました。普段何気なく使っているクレジットカード。「還元率」が高いカードを利用することで、よりお得にお買い物を楽しみましょう。

クレジットカードのポイント還元率、自動付帯で保険が付いている、年会費無料で利用できる、空港のラウンジが使える、 店舗で使うとポイントがもらえるなど様々なクレカを比較できます。
ライフプランを作って、もっともあったカードを探しましょう。

関連するお金の記事

関連するお金の相談

  • T-POINTが貯まるカードについて教えてください。

    現在TSUTAYAのカードを使っています。ファミリーマートに行くたびにそのカードを提出してポイントを貯めることを楽しみにしています。私が知りたいことは、そ...

    40代 / 男性 / 東京都 / 年収 301-400万円 / 既婚

  • クレジットカードを使う年代は?

    クレジットカードの使用頻度が高い年代は? カードの利用状況は金融機関へ全て連携されるのか? クレジットカードに電子マネー付帯で何かメリットがあるか? クレ...

    30代 / 男性 / 埼玉県 / 年収 401-500万円 / 既婚、子供1人

  • どのクレジットカードが一番お得なのでしょうか

    クレジットカードのを色々作りすぎて、どれをメインカードで使えばいいか迷っています。 マイル系のカードでもANA系とJAL系、ネットショッピングで楽天、スー...

    30代 / 女性 / 愛知県 / 年収 1001万円以上 / 既婚

クレジットカードの人気記事

カテゴリ