1. Fincyトップ
  2. クレジットカード
  3. クレジットカードの手数料とは。手数料のポイントや比較のまとめ

クレジットカードの手数料とは。手数料のポイントや比較のまとめ

クレジットカードを利用するときには、カード会社に手数料を支払わなければならないことがあります。どんなときに、いくらぐらい手数料が発生するのか、クレジットカードの手数料について分かりやすく解説します。

この記事の目次

クレジットカードの手数料とは

クレジットカードの手数料とは、クレジットカードを利用する消費者やクレジットカード決済に対応している加盟店が、カード会社に支払う費用のことです。

買い物時に分割払いを利用したときなどに発生するもので、この手数料がカード会社の主な収入源の1つになっています。

消費者が支払う手数料

消費者が支払う手数料は、分割払いやリボ払いを選択した場合に発生します。利用額の引き落とし日に、買い物代金に手数料が加算された金額が引き落とされます。

手数料額は、カード会社やクレジットカードの種類などによって異なるため、クレジットカードを作るときに手数料も比較しておくとよいでしょう。

加盟店が支払う手数料

クレジットカードの加盟店には、消費者がクレジットカード決済をするごとに『加盟店手数料』が発生します。

加盟店手数料とは、カード会社と契約し、クレジットカード決済に対応できるようにした店(加盟店)が、カード会社に支払う費用です。

加盟店手数料は、カード会社が加盟店にクレジットカード決済による代金を立替払いする際に、手数料分を差し引いた金額を支払う形で回収されます。

支払い回数毎の手数料はいくら?

クレジットカードには、一括払いや分割払い、ボーナス払いなど、さまざまな支払い方法があります。支払い方法ごとの手数料は、いくらかかるのでしょうか。

一括払い

一括払いとは、引き落とし日に1カ月分のクレジットカードの利用額を全額支払う方法です。

一括払いでは手数料がかからないため、買い物の際に提示された金額が請求されます。

2回払い

2回払いとは、1カ月分のクレジットカードの利用額を、2回に分けて支払う方法です。ほとんどのカード会社では、2回払いでも手数料を無料としています。

ただし、カード会社やクレジットカードの種類によっては、2回払いが利用できないことがあるので、支払い方法を調べておきましょう。

分割払い WEBで変更可能!月々のお支払いの調整方法|楽天カード
ショッピングのお支払方法|クレジットカードはライフカード

分割払い

分割払いとは、クレジットカードの利用額を複数回に分けて支払う方法です。指定できる支払い回数はカード会社によって異なるため、利用規約を確認しましょう。

分割払いでは、支払い回数に応じた手数料が発生します。例えば、楽天カードの分割払いの支払い回数と利用額100円あたりの手数料は、以下のようになっています。

出典:分割払いの手数料を教えてください。 | 楽天カード:よくあるご質問

カード会社によって分割払いの手数料率は異なりますが、支払い回数が多くなるほど手数料は高くなります。

クレジットカードの手数料について解説。分割払いは損なのか?

ボーナス払い

ボーナス払いとは、夏もしくは冬のボーナス時期に利用額を一括で支払う方法です。

ボーナス払いという名称ではあるものの、所定の時期に支払うというだけで、ボーナスの支給がない人でも利用できます。

基本的にボーナス払いでは手数料がかかりません。しかし、カード会社によってはボーナス2回払いなどを選択できることがあり、そちらを選択すると手数料が発生する場合があります。

ボーナス払い お取扱い期間・手数料・リボ変更|楽天カード

クレジットカードの手数料は?一括返済と分割払いの特徴と注意点

リボ払いとは

クレジットカード利用額の支払い方法には、『リボ払い』もあります。ここでは、リボ払いについて説明します。

リボルビング払いが正式名称

リボ払いは『リボルビング払い』が正式名称です。クレジットカードの利用額にかかわらず、完済するまで毎月一定額の支払いを続けます。

毎月の支払い額を、カード会社が定める範囲内で自由に設定できるため、無理なく返済できる点がメリットです。

リボ払い 月々の負担を軽くできる便利なお支払方法|楽天カード

リボ払いの手数料

リボ払いでは、利用額の残高に対して15%程度の手数料がかかります。

カード会社 手数料
楽天カード 15%
三井住友カード 15%
※カードの種類によって変動する可能性あり
JCBカード 8.04~18.0%

高額な買い物時にリボ払いにしたり、毎月の返済額を低く設定し返済期間が長くなったりすると、支払う手数料が多くなってしまいます。

支払い総額が膨れ上がると返済しきれなくなる可能性もあるため、リボ払いの利用は慎重に決めることが大切です。

リボ払いと分割払いの違い

リボ払いと分割払いには、以下のような違いがあります。

支払い方法 違い
リボ払い ・毎月の支払い額を指定する
・利用額にかかわらず一定額を支払う
・支払い額にかかわらず一定の手数料がかかる
分割払い ・買い物ごとに支払い回数を指定する
・利用額によって支払い額が変動する
・支払い回数によって手数料が変動する

海外でのクレジットカード利用

海外でのクレジットカードの利用についても知っておきましょう。

海外でクレジットカードを使うメリット

海外でクレジットカードを使うことには、以下のようなメリットがあります。

  • 多額の現金を持ち歩かずに済む
  • キャッシングで現地通貨を引き出せる
  • 紛失・盗難の被害に遭った場合に補償が受けられる
  • ケガや病気の治療を受けた場合に治療費の補償を受けられる

海外ご利用ガイド 海外での楽天カードの使い方|楽天カード

現金とどちらがお得か

海外旅行時には、現金よりもクレジットカードを活用した方がお得になる可能性が高いでしょう。

例えば、海外の両替所などで現金を両替すると、両替所の独自レートに両替手数料が加算された、法外なレートで両替されることがあります。

しかし、海外ATMでキャッシングを利用した場合は、その時点での実勢レート(※)で換算した現地通貨を引き出せます。よって、クレジットカードを活用した方がお得になることがあります。

(※実勢レートとは、国が定めた通貨の価値を示すレートではなく、実際の通貨の価値を示しているレートのことです)

海外でのご利用にあたって|クレジットカードの三井住友VISAカード

海外で使う場合の注意点

海外でクレジットカードを利用するときには、決済方法に注意しましょう。利用する店によっては、現地通貨と日本円のどちらで決済するかを選べます。

このとき、日本円を指定すると、その店の独自レートで日本円に換算されるため、割高になる可能性があります。

日本円での決済にすると、その場で請求額が分かる点はメリットですが、予想よりも高い金額が請求されることもあるため、できるだけ現地通貨で決済したほうが無難でしょう。

クレジットカードの手数料は海外でいくら?レートや計算の仕組みとは

年会費無料でおすすめのクレジットカード

最後に、年会費がかからない、おすすめのクレジットカードを紹介します。

楽天カード

項目 詳細
年会費 無料
国際ブランド VISA・Mastercard・JCB
※デザインによって異なる

楽天カード』は、高いポイント還元率を誇り、JCSI(日本版顧客満足度指数)調査で9年連続1位を取っている、顧客満足度が高いクレジットカードです。

通常時は100円の利用につき1ポイント、楽天市場などでの利用時には、3倍のポイントが付与されます。

また、海外利用時に役立つサービスが充実している点も魅力です。海外でのケガや病気の治療費を補償する海外旅行傷害保険や、緊急時のサポートを受けられる海外アシスタンスサービスなどが付いています。

楽天カード:お得なクレジットカード ポイントがザクザク!年会費無料

OricoCard THE POINT

項目 詳細
年会費 無料
国際ブランド Mastercard・JCB

年会費無料のクレジットカードを作りたい人は、『Orico Card THE POINT』もよいでしょう。通常時は100円の利用につき1ポイント、入会後6カ月間は100円につき2ポイント付与されます。

また、オリコモールを経由してネットショッピングをすると、0.5%のポイントが加算されます。

さらに、付帯サービスが豊富な点も特徴です。国内外のホテルや航空券を割引価格で予約できるサービスや、海外のお土産を宅配するサービスなどが利用できます。

Orico Card THE POINT(高還元率のオリコカード ザ ポイント)|クレジットカードのオリコ

還元率比較でおすすめのクレジットカード

ポイント還元率が高いクレジットカードを作りたい人には、以下のクレジットカードがおすすめです。

Yahoo! JAPANカード

項目 詳細
年会費 無料
国際ブランド VISA・Mastercard・JCB

Tポイントを貯めている人には、『Yahoo! JAPANカード』がおすすめです。通常時は100円につき1ポイント、Yahoo! ショッピング利用時には3倍のTポイントが貯まります。

また、Tカードとしての機能も付いており、移行手続きをするとそれまでのTカードで貯めていたTポイントを、Yahoo! JAPANカードにまとめることができます。

Tポイントは、Yahoo! ショッピングやコンビニなどでの買い物に利用できるだけでなく、アメリカン・エキスプレスやJCBのポイントにも移行可能です。

また、ジャパンネット銀行の口座を用意すれば、100ポイント=85円として現金に交換することもできます。

Tポイントがたまる年会費無料クレジットカード-Yahoo! JAPANカード

JCB CARD W

項目 詳細
年会費 無料
国際ブランド JCB

『JCB CARD W』は、若い人向けの高還元率カードです。申込対象は18以上39歳以下の人に限定されており、学生でも申し込めます。

常に、通常のJCBカードの2倍のポイントが付与され、JCBオリジナルシリーズパートナーでの利用時には、さらに還元率がアップします。

3000ポイント貯めると、ディズニーリゾートのパークチケット2枚と交換でき、ディズニー好きの人にもおすすめのクレジットカードです。

高いポイント還元率、年会費無料のJCB CARD W!|クレジットカードのお申し込みなら、JCBカード

まとめ

クレジットカードの手数料は、カード会社やクレジットカードの種類によって異なります。支払い総額に影響するため、前もって確認しておきましょう。

クレジットカードのポイント還元率、自動付帯で保険が付いている、年会費無料で利用できる、空港のラウンジが使える、 店舗で使うとポイントがもらえるなど様々なクレカを比較できます。
ライフプランを作って、もっともあったカードを探しましょう。

関連するお金の記事

関連するお金の相談

  • クレジットカードのポイントについて

    現在、3社のクレジットカードを保有していますが、クレジットカードを作った理由は公共料金や商品等の購入に現金で払うより、クレジットカードで払えばポイントが貯...

    60代 / 男性 / 北海道 / 年収 300万円以下 / 既婚、子供2人

  • 楽天カードのゴールドカードについて教えてください

    現在、クレジットカードとして楽天カードをメインカードとして使用しています。楽天ゴールドカードというものがあることをネットで知り検討しているのですが、ゴール...

    30代 / 男性 / 徳島県 / 年収 601-700万円 / 既婚、子供2人

  • 楽天カードの家族カードについて

    現在、楽天カードを私名義で所有しており、主人名義で家族カードを持っています。支払いなどの関係で、給料が振り込まれる主人名義の通帳からの引き落としの方が何か...

    30代 / 女性 / 宮城県 / 年収 701-800万円 / 既婚、子供3人以上

クレジットカードの人気記事

カテゴリ