1. Fincyトップ
  2. クレジットカード
  3. クレジットカードの比較ポイントは?ケース別にカードを紹介

クレジットカードの比較ポイントは?ケース別にカードを紹介

クレジットカードは、何を基準に選ぶとよいのでしょうか。本記事では、クレジットカードを選ぶときに比較するべきポイントや、便利な比較サイトについて解説します。また、おすすめのクレジットカードをケース別に紹介します。

この記事の目次

クレジットカードを選ぶには

クレジットカードを選ぶときに、比較するべきポイントを説明します。

種類や特徴はさまざま

現在、信販会社や銀行だけでなく、コンビニやスーパー、交通機関、通販会社など多数の企業がクレジットカードを発行しています。

そのため、クレジットカードの種類や特徴もさまざまで、どのクレジットカードに申し込めばよいのか迷う人も少なくありません。

たくさんの種類の中からクレジットカードを選ぶ際のポイントは、自分がどんなときにクレジットカードを使いたいのかを明確にすることです。

例えば、ネットショッピングで使いたいのであれば、ネットショッピングでの利用時にポイントが加算されるクレジットカードにすると、お得に利用できます。

また、海外旅行で使用したいのであれば、海外旅行傷害保険が自動付帯しているものを選ぶと便利でしょう。

このように、クレジットカードを利用するシーンを考えてクレジットカードを選ぶと、よりお得で便利に利用できます。

比較の達人など比較サイトも多数ある

クレジットカードの特徴を比較できる、比較サイトも多数あります。どんなときにクレジットカードを使いたいのかが明確になったら、比較サイトを活用してお得に使えるクレジットカードを探すのもよいでしょう。

クレジットカード比較の達人』や『価格.com』などの比較サイトでは、クレジットカードの特徴別に検索できるので便利です。

還元率で選ぶなら

クレジットカードをできるだけお得に使いたい人は、還元率が高いクレジットカードを選ぶとよいでしょう。

通常、クレジットカードの還元率は0.5%程度であるため、還元率0.5%以上のクレジットカードが、還元率の高いクレジットカードといえます。

還元率を比較するときに注意したいのが、通常は還元率が0.5%でも一定の条件を満たしたときに、還元率が大幅にアップするクレジットカードがあることです。

単に還元率だけを見るのではなく、還元率が上がる条件があるかも確認しておきましょう。

リクルートカード

項目 詳細
年会費 無料
国際ブランド VISA・Mastercard・JCB

リクルートカード』は還元率が1.2%という、高還元率のクレジットカードです。ポンパレやじゃらんなどのリクルートが提供しているサービスで利用すると、最大で還元率が4.2%まで上がります。

また、公共料金や携帯電話代の支払いにも利用可能で、支払った代金分のポイントが貯まるので、ポイントが貯めやすいクレジットカードです。

リクルートのクレジットカード Recruit Card
ポイントを貯める・使う - リクルートカード(Recruit Card)

dカード

項目 詳細
年会費 初年度無料 / 2年目以降1250円(税抜)
※前年度に利用があれば2年目以降も無料
国際ブランド VISA・Mastercard

docomoを利用している人には、還元率が1~4%の『dカード』がおすすめです。dポイント加盟店で利用すると、最大2倍のポイントが付与されます。

特に、ローソンでの買い物に利用すると、ポイントが2%還元されるほか、買い物代金が3%割引されるため大変お得です。

dカード | dカードのご紹介
dカード | dポイントをためる/つかう - 特典・サービス

Amazon MasterCardクラシック

項目 詳細
年会費 初年度無料 / 2年目以降1250円(税抜)
※年1回以上の利用で2年目以降も無料
国際ブランド Mastercard

『Amazon MasterCardクラシック』は、Amazonでの買い物が多い人におすすめのクレジットカードです。通常時の還元率は1%、Amazon利用時の還元率は1.5%となっています。

さらに、Amazonプライムカードの場合は還元率が2%に上がるため、よりお得に利用できます。

Amazon Mastercardクラシック

ANAマイルで選ぶなら

ここでは、ANAマイルを貯めている人に、おすすめのクレジットカードを紹介します。

ANAマイルとは、ANAのサービス利用時に貯まるポイントのようなもので、航空券やホテルのクーポンに交換するなど、幅広い使い道があります。

通常、ANAマイルは、ANAの飛行機を利用した場合に貯まるものですが、クレジットカードによっては、貯めたポイントをANAマイルに交換することも可能です。

そのようなクレジットカードを利用すれば、なかなか飛行機を利用することがない人でも、効率よくANAマイルが貯められます。

なお、クレジットカードのポイントをANAマイルに交換するときには、手数料がかかることがあるので注意が必要です。

旅と日常をもっと豊かに│ANAマイレージクラブ

Orico Card THE POINT

項目 詳細
年会費 無料
国際ブランド Mastercard・JCB

Orico Card THE POINT』は、効率よくANAマイルを貯めるのにおすすめのクレジットカードです。

還元率が常に1%以上なのでポイントが貯めやすく、貯めたポイントは手数料無料でANAマイルに交換できます。

Orico Card THE POINT(高還元率のオリコカード ザ ポイント)|クレジットカードのオリコ
オリコ 「オリコポイント」 | ポイント交換 | マイルを貯める | ANAマイレージクラブ

エポスカード

項目 詳細
年会費 無料
国際ブランド VISA

エポスカード』は、1エポスポイント=0.5マイルとして、手数料無料でANAマイルに交換できます。

マルイなどにあるエポスカードセンターで手続きをすると即日発行ができるため、急ぎでクレジットカードが欲しい人にもおすすめです。

クレジットカードは入会金・年会費永年無料のエポスカード
エポスカード | ポイント交換 | マイルを貯める | ANAマイレージクラブ

REX CARD

項目 詳細
年会費 無料
国際ブランド VISA

『REX CARD』は、還元率が1.25%以上と高く、貯めたポイントは1500ポイントごとにANAマイルに交換できます。

また、ポイントをJデポに移行すると、移行後3カ月以内のショッピング利用分から、jデポの金額分の値引きが受けられるので、お得にクレジットカードを利用したい人に向いています。

REX CARD | クレジットカードのジャックス

学生におすすめのカードは?

学生でクレジットカードを持ちたい場合は、学生でも申込が可能なクレジットカードを選ぶとよいでしょう。

Yahoo! JAPANカード

項目 詳細
年会費 無料
国際ブランド VISA・Mastercard・JCB

Yahoo! JAPANカード』は学生も申込可能のクレジットカードです(高校生は不可)。

通常は利用代金100円ごとに1ポイント、yahooショッピング利用時には3倍のTポイントが貯まり、ポイントが貯めやすくなっています。

Tポイントがたまる年会費無料クレジットカード-Yahoo! JAPANカード

イオンカードセレクト

項目 詳細
年会費 無料
国際ブランド VISA・Mastercard・JCB

クレジットカードを作りたい学生には、『イオンカードセレクト』もおすすめです。『イオンカードセレクト』は、18歳以上で電話連絡可能の人であれば、誰でも申し込めます。

また、ほとんどのクレジットカードは高校生不可ですが、イオンカードセレクトは、高校卒業年度の1月1日以降であれば、高校生でも申込可能です。

イオンカードセレクト|暮らしのマネーサイト

JCB CARD W

項目 詳細
年会費 無料
国際ブランド JCB

『JCB CARD W』は、18歳以上39歳以下限定の若者向けのクレジットカードです。

通常のJCBカードの2倍ポイントが貯まるほか、海外旅行傷害保険(利用付帯)をはじめとした付帯保険が充実しています。

高いポイント還元率、年会費無料のJCB CARD W!|クレジットカードのお申し込みなら、JCBカード

自動付帯の海外旅行傷害保険で選ぶなら

クレジットカードを海外旅行で使いたい人は、海外旅行保傷害険が自動付帯しているクレジットカードを選ぶとよいでしょう。

海外旅行傷害保険とは、海外旅行中にケガや病気の治療を受けた場合に、かかった治療費を補償してもらえる保険のことです。

クレジットカードの海外旅行傷害保険には、『自動付帯』と『利用付帯』の2種類があり、それぞれ以下のような特徴があります。

  • 自動付帯:クレジットカードを持っていれば、無条件で保険が利用できる
  • 利用付帯:カード会社が定める条件を満たした場合のみ、保険を利用できる

利用付帯の場合は、出国前に何らかの条件を満たすように定められていることが多くなっています。

楽天プレミアムカード

項目 詳細
年会費 1万円(税抜)
国際ブランド VISA・Mastercard・JCB

楽天プレミアムカード』は、海外旅行が多い人向けのサービスが充実しているクレジットカードです。

海外・国内旅行傷害保険が自動付帯しているほか(一部利用付帯)、空港のラウンジ利用サービスや、現地情報や緊急時の案内が受けられるトラベルデスクなどのサービスがあります。

楽天プレミアムカード|楽天カード

三井住友VISAクラシックAカード

項目 詳細
年会費 1500円(税抜)
※インターネットからの申込で初年度無料
国際ブランド VISA・Mastercard

三井住友VISAクラシックAカード』も、海外・国内旅行傷害保険が自動付帯しています(一部利用付帯)。

ICチップと顔写真付きのカードの発行も可能で、セキュリティ面でも安心なクレジットカードです。

三井住友VISAクラシックカード/クラシックカードA|三井住友VISAカード
海外旅行傷害保険|クレジットカードの三井住友VISAカード

ビックカメラSuicaカード

項目 詳細
年会費 初年度無料 / 2年目以降477円(税抜)
国際ブランド VISA・JCB

通勤などでSuicaを利用している人には、『ビックカメラSuicaカード』もよいでしょう。

安価な年会費でありながら、Suica機能が付いているほか、海外旅行傷害保険が自動付帯となっており、利便性が高いクレジットカードです。

ビックカメラSuicaカード:ビューカード
ビューカードの国内・海外旅行傷害保険:ビューカード

ゴールドカードで選ぶなら

一般的にクレジットカードには、以下のようなランク付けがされています。(低ランク順に記載)

  • 一般向けカード
  • ゴールドカード
  • プラチナカード
  • ブラックカード

一般向けカードのひとつ上のランクであるゴールドカードには、多くの場合、空港ラウンジの利用サービスなど、一般向けカードにはないサービスが付帯しています。

サービスが充実する分、年会費が高くなる傾向にありますが、付帯サービスを活用する人であれば、年会費を支払う価値はあるでしょう。

三井住友VISAゴールドカード

項目 詳細
年会費 1万円(税抜)
※インターネットからの申込で初年度無料
国際ブランド VISA・Mastercard

『三井住友VISAゴールドカード』は、申込条件を30歳以上で安定収入がある人に限定しているゴールドカードです。

国内外の空港ラウンジの利用サービスや、一流ホテル・旅館を会員価格で利用できる特典など、旅行好きの人にうれしいサービスが充実しています。

三井住友VISAゴールドカード|三井住友VISAカード

Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD

項目 詳細
年会費 1806円(税抜)
国際ブランド Mastercard・JCB

費用を抑えてゴールドカードを持ちたい人には、『Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD』がおすすめです。

安価な年会費にもかかわらず、最高2000万円まで補償される海外旅行傷害保険が自動付帯しているほか、宿泊施設や飲食店などの優待サービスが揃っています。

Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD(オリコカード ザ ポイント プレミアム ゴールド)|クレジットカードのオリコ

dカード GOLD

項目 詳細
年会費 1万円(税抜)
国際ブランド VISA・Mastercard

dカードGOLD』は、docomoユーザーであれば持っておきたいゴールドカードです。

毎月のdocomo携帯電話の利用代金と、ドコモ光の利用代金の10%がポイント還元されます。

dカード | dカード GOLDのご紹介

プラチナカードで選ぶなら

プラチナカードは、ゴールドカードよりもさらに上のランクのクレジットカードで、付帯サービスもより充実します。

クレジットカードの利用者の中でも、利用履歴が優良な人にしか発行されず、ステータスが高いクレジットカードです。

カード会社からの招待がないと発行できないこともあるので、申込条件をよく確認しておきましょう。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

項目 詳細
年会費 2万円(税抜)
※年間200万円以上の利用で、次年度年会費1万円(税抜)
国際ブランド アメリカン・エキスプレス

法人向けのビジネスカードを探している人には、『セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード』がおすすめです。

弁護士の紹介サービスや会計ソフトの優待など、ビジネス向けのサービスも豊富にあります。

【公式】セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード|クレジットカードのセゾンカード

JCBプラチナ

項目 詳細
年会費 2万5000円(税抜)
国際ブランド JCB

JCBプラチナ』は、24時間365日対応のコンシェルジュサービスや、有名レストランで所定のコースメニューが1名無料になるサービスなど、プラチナカードらしい質の高いサービスを利用できます。

プラチナカード | クレジットカードなら、JCBカード

三井住友VISAプラチナカード

項目 詳細
年会費 5万円(税抜)
国際ブランド VISA・Mastercard

『三井住友VISAプラチナカード』には、ブラックカードにも引けを取らないレベルのサービスが付帯しています。

宿泊施設や飲食店、アミューズメントパークなど、さまざまな施設で優待が受けられるサービスが揃っています。

また、コンシェルジュサービスや国際線手荷物の無料宅配サービスなど、豪華なサービスも魅力です。

三井住友プラチナカード|クレジットカードなら三井住友カード

まとめ

クレジットカードを選ぶときには、自分がどのようなときに使う予定なのかを明確にしてから申し込むことが大切です。

クレジットカードの比較サイトなどを活用し、お得で便利に利用できるクレジットカードを見つけましょう。

クレジットカードのポイント還元率、自動付帯で保険が付いている、年会費無料で利用できる、空港のラウンジが使える、 店舗で使うとポイントがもらえるなど様々なクレカを比較できます。
ライフプランを作って、もっともあったカードを探しましょう。

関連するお金の記事

関連するお金の相談

  • リボ払いを有利に使う方法は?

    リボ払いは毎月一定額を払うので一見支払いが楽そうですが、金利が高く、いつまでも支払いが終了せず、自転車操業のように支払いに追われるという怖いイメージがあり...

    50代 / 女性 / 兵庫県 / 年収 501-600万円 / 既婚、子供1人

  • クレジットカード得する方法

    どんなクレジットカードがおすすめできるものなのか? どんなクレジットカードを選び、どのように使ったら、1番得になるのか?例えば1年だけの短期間で利用した場...

    30代 / 女性 / 千葉県 / 年収 1001万円以上 / 既婚

クレジットカードの人気記事

カテゴリ